「なんであんな男と……」振り返ると最悪な元カレエピソード集

「なんであんな男と……」振り返ると最悪な元カレエピソード集

若いころは、「好きじゃないけど告白されたし、付き合おうかな」「タイプじゃないけど、暇だしいっか」なんて軽い気持ちで付き合った経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか? 10代や20代前半のころは不思議なもので、今では考えられないくらい恋のフットワークが軽いですよね! 今振り返ってみると「なんであんな男と付き合っていたんだろう……」と思うような男性と付き合っていた方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、昔付き合った最悪な彼氏のエピソードをいくつかご紹介します!

ケンカ中にほかの女性とLINE

「真剣な話をしていたり、ケンカをしている最中にほかの女とLINEしていた。『今私たち話してるよね? なにしてんの?』って言ったら、『ごめんごめん』って笑いながら謝ってきて超むかついた!」(27歳/福祉職員/女性)

▽ なんでそんなときに女性とLINEできるのか不思議! 真剣に話しているのもバカらしくなりますね。そんな男性とはいつまでたっても真剣な話はできなかったかも?

彼が浮気したのに自分が浮気したことにされていた

「彼の浮気が原因で別れたのに、まわりの友だちには私が浮気して別れたことにされていた! 一部の人からは最低呼ばわりされて、しばらく家に引きこもっていましたね。今でもその彼のことは許せないです」(28歳/アパレル/女性)

▽ 自分が浮気したことをまわりに言いたくない気持ちはわかりますが、それでウソの情報を流すのはおかしいですよね。彼女の交友関係にも影響してきますし、自分のことしか考えていない男性は、今後もいい恋愛なんてできないです!

自分が好きなお店をとことんバカにする

「『私の好きなパスタのお店だよ~』とか、『ここの服が好きなんだよね』って、彼とのデートで連れて行くことがあったんですけど、『この店だったら俺の知っている店のほうがおいしい』『この店の服趣味悪くない?』と、とことんバカにされていました。どこへ行ってもつまんなかったし、なのに半年も付き合っていたとか時間のムダすぎる……。あのころの自分を殴りたい」(26歳/飲食業/女性)

▽ 自分の好きなものを否定されるのって、すごく悲しい気持ちになりますよね。この状態が続くとデートもおっくうになりそう。半年も付き合えたということは、別の部分でなにか魅力があったということでしょうか……。

合う合わないではなく、こんな男性は誰から見ても嫌ですよね! 付き合ってみたら最低な人だった! ということもありますし、恋愛って難しい……。ですが、若いときにこういう経験をしていたからこそ今慎重になっているわけですし、心に余裕のある方はこのとき付き合っていた男性にありがとうという気持ちを持ってみてもいいのかもしれません。

コメントは受け付けていません。